深刻な農業の人手不足!原因と解決を目指すスマート農業!

深刻な農業の人手不足!原因と解決を目指すスマート農業! 深刻な農業の人手不足!原因と解決を目指すスマート農業!

2024.02.8

農業は私たちの生活に欠かせない産業です。
しかしながら、近年、深刻な人手不足の問題に直面しています。地域経済や農業の持続可能性への影響は計り知れず、解決方法が模索されています。

この記事では、人手不足の原因と影響、そして現代技術を利用した解決策を詳しく解説します。新しい視点や具体的な取り組みについて発見があれば幸いです。

農業における人手不足の現状と背景

日本の農業界は、深刻な人手不足に直面しています。高齢化が進む一方で、若い世代が農業から離れているのが現状です。特に、農業従事者の平均年齢は70歳近くになっており、生産性の低下や耕作放棄地の増加に直結しています。また、後継者不足による農家の減少も、人手不足を加速させています。

国際的な視点から見ると、日本の農業労働力は他国と比較しても特に高齢化が進んでいることが分かります。さらに、地域によっては特に人手不足が深刻で、地域経済にも大きな影響を及ぼしています。このような背景を理解することが、問題解決の第一歩となります。

人手不足の原因

この人手不足の原因を掘り下げると、若者の農業離れの背後には、教育や育成の問題が見えてきます。農業に対する理解が不足していること、また収入の不安定さが若者を農業から遠ざけているのです。さらに、政府の農業政策も、労働力の流動性に影響を与えています。

人手不足によってどのような影響が?

農業の人手不足は、単に生産量の低下に留まらず、地域経済や国内経済にも大きな影響を与えています。特に農産物の輸出競争力の低下は、日本の農業が直面する大きな課題です。


解決策と新技術の導入について

この問題に対する解決策として、スマート農業やAIの導入が注目されています。例えば、AIシステムを使った農作業の効率化や、ドローンを活用した水稲管理作業の省力化などが進んでいます。また、農地の集約化や大規模化により、機械化の導入が容易になり、作業の効率化が図られています。

深谷DEEP VALLEY会員のアグリテック企業をいくつかご紹介します。

・ロボットによる自動農薬散布!【株式会社レグミン】

自社の特許技術を駆使した自動走行する農作業ロボットを開発しているレグミン。 畝を検知して、畝をまたいで走行することができます。 農作業の中で危険を伴う農薬散布を代替。生産者さんの負担を軽減します。

・栽培管理用ドローンシステム【セブントゥーファイブ株式会社】

自動飛行により、栽培敷地内の生育状況を把握することができる栽培管理用ドローンシステムを提供しているセブントゥーファイブ。導入により、「品質向上」「労働力不足」「作業効率化」が期待できます。とくに栽培箇所が1か所ではなく、周辺に点在している場合、ドローンを使用することで管理の負担が軽減されます。

・ほ場水管理システム「WATARAS」【株式会社クボタケミックス】

WATARAS(ワタラス)は、水田の給水・排水をスマートフォンやパソコンを通じて遠隔操作・自動制御することにより、水管理労力の低減を可能にする製品。
一定湛水制御によりバルブ等を自動で開閉しほ場に行く回数を減らすことができますし、設定した時間に給水することができるので夜間の水温調整にも役立ちます。

また、水位・水温の計測結果、連携している気象情報をデータセンタに保存しており、必要時に過去の履歴を確認でき、営農計画の判断材料に活用できます。

・腰の負担を軽減するアシストスーツ Assist Lumbar【株式会社コガネイ】

定植作業、誘引作業、芽かき作業、収穫作業、除草作業、鍬作業、草刈り作業など、農作業は長時間の中腰姿勢を要し、腰への負担は絶大。そうした中腰姿勢や前傾姿勢のときの腰部負担を低減するアシストスーツが、コガネイのAssist Lumbar(アシストランバー)です。専用の手動ポンプで空気を充填して使用するので装着が容易ながらも、腰部負荷を約24%低減する優れものです。
https://deep-valley.jp/agritech/agritech2025/

・多岐にわたる機能を網羅した「みどりノート」【株式会社セラク】

「年間計画作成」「問題報告」「収穫・出荷記録」「レポート」「JGAP認証取得支援」「作業者管理」「生育調査」「作業計画と実績記録」「マップ連携」「農薬・肥料情報」など多岐にわたる機能を網羅した農業用クラウド管理システム、これ1つで煩雑な記録作業から解放され、生産性向上に寄与します。


地域農業の発展と持続可能性

地域農業の発展と持続可能性には、コミュニティの活性化や環境に配慮した農業モデルの導入が不可欠です。例えば、産地間人材リレーによる労働力の最適配分や、ソーラーシェアリングによる農業生産と発電の両立が挙げられます。

このような取り組みは、地域農業の新たな可能性を示しており、持続可能な農業の実現に向けた大きな一歩となるでしょう。


まとめ

日本の農業が直面する人手不足の問題は、多面的なアプローチによって解決可能です。新技術の導入、地域コミュニティの活性化、政策の見直し、そして国際的な視野に立った取り組みが必要です。これらの解決策を踏まえて、日本の農業は新たな発展を遂げることが期待されます。

参考
https://shizenenergy.net/re-plus/column/agriculture/labor_shortage/
https://jp.indeed.com/%E6%B1%82%E4%BA%BA%E5%BA%83%E5%91%8A/c/info/why-is-the-agricultural-workforce-shrinking

https://www.maff.go.jp/hokkaido/asahikawa/photorepo/torikumi/attach/pdf/20220209mirai_seminar-1.pdf